わたしたちの想い


わたしたちが行う介護というのは、ただ食事や入浴などをお世話することではありません

わたしたちが行う介護というのは、その人のその人らしさを支える対人援助です



わたしたちは、自分や、家族、友人に提供できないようなことはしません

わたしたちは、自分の大切な人に、勧めたくなるものをサービスとして提供します



そして何より、利用される方に「来てよかった」と思ってもらえる介護を

提供することを目指しつづけます



ケアの特色~


*個別ケアを追求する

「小規模だから、スタッフとの距離が圧倒的に近い。」

 

そのことを利点に、よりその人の”人となり”を知り、
気持ちに寄り添うアプローチをします。

 

人は皆、年齢・成育歴・疾病・身体機能・興味関心・
習慣などが異なり、楽しい・心地よい・やる気になる
ポイントは、その人固有のものだからです。

*認知症ケアに対する取り組み

民家を利用した事業所は、認知症のかたの混乱を抑え、安心感をあたえます。

少人数であることが、なじみの関係をつくり居心地の良さを作ります。

 

環境になじむことに弱い認知症のかたが、

安心して過ごせる時間の提供に取り組んでいます。

 

当事業所では、認知症ケア専門士が2名おり、(H28.7時点)

認知症ケアに関する知識や技術の向上に取り組んでいます。

*機能訓練~やる気のある方も、ない方も

機能訓練指導員と作成したプログラムで身体機能の維持・向上を図ります。

 

バンドやボールを使ったエクササイズだけでなく、

尿失禁の予防体操や、嚥下体操なども行っています。

 

また、外出に併せた歩行の機会をつくり、

積極的でない方でも自然と運動の時間ができるよう工夫しています。

*介護者支援~自宅で生活したいという願い

「自分らしく、住み慣れた街や自宅で、大切な人と暮らしたい。」

そんなすべての人の願いに、わたしたちは応えていきます。

 

介護はする側・される側の双方が支援を求めていることが一般的です。

本人支援はもちろんですが、在宅での生活を継続できるよう介護者が休息を取れることも重要です。

 

デイサービス フォレストは日中利用に加え、保険外での延長や宿泊も提供しています。

(※宿泊は武蔵村山事業所のみ)

見学はいつでも可能です。 実際に事業所のようすをみて、感じてください。

送迎などが必要な場合は、お気軽にご相談ください。