回想する時間。 時を遡り・・・。

今日は相談員、小野寺の回想法を行っています。

 

回想法とは、いわゆる認知機能の改善を目的とした心理療法ですが、
ここで行われているのは、心理の専門家によるものではありません。

昔の写真や動画などを見ながら、

時にクイズのように質問したりしていきますが、

重要なことは、クイズに正解するということではありません。

 

昔を思い出してもらうことで、

過去にあるエピソードやその時代を懐かしんでもらったり、

ご自身が思い出話をしたり、あるいは人の思い出話を聞いたり・・・。
人が自分と同じような部分や経験があると思うと、お互い癒されるのでしょう。

 

そこが、グループで行う場合の重要なところかな、と思っています。

 

この頃は、こんな洗濯機で大変だったよねと話が盛り上がったり、
「どこどこで働いていてね」という話から、お互いが近くにいたことがわかったり。

 

今日も過去に遡り、今という瞬間を豊かにしているのではないでしょうか。